生活習慣病の原因と改善方法

生活習慣病・患者数

生活習慣病の患者数についてですが、全体的に考えるとここ数年で生活習慣病の患者数はまだまだ増え続けているのが現状です。では生活習慣病の患者数をそれぞれの生活習慣病ごとに見ていくとどんな生活習慣病が一番患者数が多いのでしょうか。生活習慣病でいちばん多いといわれているのが、生活習慣病の高血圧です。生活習慣病の中でも高血圧にかかっている人が700万人もいるといわれています。そして次に生活習慣の患者数で多いといわれているのが糖尿病です。糖尿病は200万人いるといわれています。

そして生活習慣病で糖尿病の次に多いのが心疾患、そして脳血管疾患、そしてがんという順番で生活習慣病の患者数になっています。生活習慣病の患者数は年々増えているのですが、やはりダントツで多いのが高血圧の患者です。がんと比べてみても500万人以上の差があることがわかります。生活習慣病の患者数を見てわかるように高血圧や糖尿病にかかっている人が多いですから少しでもかからないようにするためには生活習慣病予防として塩分の取りすぎには注意して食べすぎや食生活の見直しにも十分に注意していく必要があります。生活習慣病の患者数はこれからも増え続けるといわれています。

厳選9

# サイト名 PR リンク